感想記事

運動不足解消 30代会社員が進める通勤を運動へ変える方法【電車通勤】

みなさんこんにちは。

ZIZI(じじ)です。

 

みなさんは運動をしていますか?

しようと思っているけどなかなかできないって

方も多いと思います。

 

私もなかな運動できない人間でした。

そんなあなたにも明日から始められる

運動をご紹介したいと思います。

 

こんな方におすすめ

  • 運動を始めようと思っているけど、なかなか始められない人
  • 時間をできるだけ有効活用したい人
  • 飽き性の人

 

 

そもそもなぜ運動をしなければいけないの?

 

みなさんは健康寿命というものをご存じでしょうか。

健康寿命とは、介護や人の助けを借りずに 日常生活の動作が1人ででき、 健康的な日常が送れる期間のことをいいます。

 

人生100年時代と言われてきており、

平均寿命が延びていることは知っているけれど、

健康寿命を意識した事がある方は少ないかもしれません。

 

男性の平均寿命は79.55歳

女性の平均寿命は86.30歳であり、

健康寿命と乖離が見られます。

 

ちなみに、

男性の平均健康寿命は70.42歳

女性の平均健康寿命は73.62歳です。

参考

[出典]厚生科学審議会地域保健健康増進栄養部会・次期国民健康づくり運動プラン策定専門委員会

平成22年度データ

 

長生きをするといっても

健康寿命を延ばさなければ、

意味がないのです。

 

そのためには、食事、運動、生活習慣

もっと気を配る必要があるのではないでしょうか。

 

通勤を運動に変えようと思った理由は?

学生のころは運動部に所属しており、

毎日のように運動をしていました。

しかし、社会人になり仕事中心の生活になると

運動する機会も減ってきてしまっています。

 

運動をするとなると

ジムへ行

運動サークルへ参加するなど思いつきますが、

第一歩を踏み出すのにかなり勇気と手間がかかってしまいます。

 

ジムへ通ったこともありましたが、

徐々に通う頻度が減り、

最終的には会員費だけ払うだけの幽霊会員となっていました。

ZIZI(じじ)
もったいない・・・

 

強制的に運動する方法はないかと考えた結果、

会社への通勤を運動にしてしまえばいいのではないか

思いついたわけです。

 

今回は電車で通勤している方の

日々の通勤をいかにして運動に変えていくかを

ご説明したいと思います。

 

今の通勤のどこを運動へかえるか

最寄り駅まで歩く

最寄り駅まで自転車で行ったり、

車の送り迎えをしてもらっていませんか?

 

この間を運動に変えることができれば、

送迎をしてくれている家族も負担が減り一石二鳥です。

一駅手前から歩く

一駅手前から会社まで歩くのもお勧めです。

会社付近の新しいお店なども発見でき、

雑談のネタを仕入れることができるかもしれません。

エレベーター、エスカレーターを使わない

階段を見つけたら、

チャンスタイムです。

エレベーター、エスカレーターを使わずに

階段を上り下りするだけで、

歩くよりも格段に高い運動をすることができます。

電車の中では立つ

揺れる電車の中では

立っているだけでも踏ん張ったりするため

意外に力を使っています。

椅子に座っているサラリーマンを横目に 朝からトレーニングに励んでみましょう。

 

通勤を運動に変えるメリット

①お金がかからない

通勤で運動をしているため、

ジムのような入会金や月額料金など

お金がかかりません。

むしろ、一駅手前から歩いた場合、

お金が浮くかもしれません。

②時間を有効活用できる

毎日の通勤時の意識を変えるだけなので、

無駄な時間もかかりません。

一駅歩くのも英語のリスニングなどをしながら行えば、

無駄な時間もありません。

③無理なく続けられる

通勤を利用しているため、

からなず運動の時間ができます。

今日はやめとこうとなり辛いため、

比較的無理なく続けられます。

慣れてきたら休日も運動を楽しもう

通勤時も意識をもって

運動に変えて行くことができたのであれば、

次は休日も運動を始めてみましょう。

 

私たちの生活の中には

運動の時間が隠れています。

 

みなさんも楽しみながら

運動を続けていきましょう。

スポンサーリンク

-感想記事

Copyright© ZIZIとお金の教室 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.